■書く楽しさや優雅さをもたらしてくれる川西硝子のガラスペン

見た目の美しさもさることながら、丹精込めてつくられた精度の高いガラスペンは滑らかな書き心地。さらには一度インクをつけると約300〜500文字の連続筆記が可能で実用性も兼ね備えています。

透き通る美しいガラスに幻想的な模様は同じものが1つもないという。偶然と計算によって生み出される芸術的なガラスペンは1本1本完全手造り。職人 川西洋之氏の想いがこもったガラスペンをぜひお手に取ってみてください。

『書斎館オリジナルカラー』



・シンプル十二 書斎館ブルー ¥14,000-+税



・矢絣 書斎館ブルー ¥30,000-+税

川西硝子を代表する2つのモデル「シンプル十二」と「矢絣」で、書斎館のオリジナルカラー『書斎館ブルー』を制作いただきました。
抜け感のある淡く爽やかなブルーは書斎館のテーマカラーにぴったり。光に透かしいつまでも眺めていたくなるとても美しい仕上がりです。

『シンプルシリーズ(十二)』



ペン先に12本の溝が刻まれているガラスペン。
持ち手部分にはピンクや黄色の着色がほんのりと施されております。
細身で手になじみやすく、上品で飽きのこないデザインです。
ペンを置いたときに卓上から転がり落ちないように回り止めがついています。


『インサイドシリーズ(流線・矢絣・螺旋)』



これまでにない滑らかな書き心地を実現するために溝の幅や深さ、重心の位置が考えられています。
ペン先の12本の溝をより深く入れたことにより、インクのもちがよく最後まで擦れが起こりにくく均一の線で文字が書けるようになりました。
ペンの重さだけでも充分に筆記でき、筆圧をかけることなく滑らかで柔らかい書き心地を楽しめます。
また軸の装飾も印象的で、ガラス内部に閉じ込められた立体的な模様は美しく独創的なデザインです。
不思議な透明感と洗練された高級感が溢れる、2つとして同じものがないガラスペンです。



川西硝子
http://kawanishiglass.com/
※書斎館では上記ガラスペンのみのお取り扱いとなりますのでご了承ください。







港区南青山5-13-11 パンセビル1階
Phone:03-3400-3377
Open:11:00am > 20:00pm 水曜定休